Top > ペット保険と特定疾病

ペット保険と特定疾病

ペット保険では特定の疾患があるペットは加入できないとするところがほとんどです。<br>
この特定疾患とは命に関わる病気であり、治療には多額の費用が掛かることから、ペット保険ではこの病気を抱えるペットはリスクが高いと判断され、加入が認められません。<br>
ただし、現在治療中、あるいは過去に罹っていた場合は、この病気による医療費の給付金を免責する条件でなら入れることもあります。<br>
では、特定疾病にはどのようなものがあるのか紹介してみましょう。ペット保険ではペットの種類によって特定疾病が異なります。犬、猫だと心不全、腎不全、猫エイズウィルス感染症、悪性腫瘍、猫白血病ウィルス感染症、神経疾患です。うさぎやフェレットでは、心不全、腎不全、糖尿病、悪性腫瘍、重度の外耳炎などになります。<br>
それから、多くのペットに感染する可能性があるフィラリア症も特定疾病に含まれます。以上の疾病は飼い主さんが可愛いペットの健康を気遣い、栄養バランスの良い食事や適度な運動、適切な時期に予防接種を行うことである程度の予防が出来るものですが、発症してもきちんと治療すれば完治することもあります。<br>
健康管理をしっかりと行っておけば特定疾病になることは抑えられるかもしれません。<br>
ペット保険に加入できるかどうかは、飼い主さんの健康管理にも左右されるのではないでしょうか。

 

 いろいろな小顔グッズ  小顔グッズの効果  エステで小顔  小顔エステですっきり
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ペット保険選びのポイント(2009年5月24日)
ペット保険の加入資格(2009年5月24日)
ペット保険と特定疾病(2009年5月24日)
ペット保険で高齢化に備える(2009年5月24日)
ペット保険と賠償補償(2009年5月24日)